はっちゃん月に行きたいんだ!


突然だが、孫が月に行きたいんだ、と言い出したのでびっくり。
「何で月に行きたいの?」って聞き返したら、

 
「宇宙に行きたいから」、と言うので
 
「月って、もう宇宙なんだよ?」
 
「・・・・・・・」

 



 
言葉がすれちがってしまった、これは家に帰ってから気が付いた、私は、月に行ってから、いろんな準備をして宇宙に向かう、と言うことだと思ったので、「月って宇宙なんだよ」と言ってしまった。
 
 
孫は、雲の上にある宇宙に行きたいらしい、知っているのは天体望遠鏡で見たお月様だったので、「月に行きたい」という言葉になったのだが、自分が空を飛んで、月に向かって、宇宙に行きたいということらしい。
 



 
前に、なくした風船だってあのまま空に上がってさ、みえなくなってさ、宇宙に行っちゃったんじゃないの?
防具とマントがあればさ、空を飛んでさ、モンスターをやっつけられんだよ。すごいでしょう
 

画像:第3回「宇宙・私の夢」児童絵画展 入賞作品

 
なんだゲームの話しなの?
 
「はっちゃんさー、風船は宇宙に出る前に破裂しちゃうんだよ。」
 
「カラスも?」
 
「カラスも鳥も空気(1気圧)に依存しているので、仮に宇宙に出たとしても死んじゃうよね、ましてや宇宙に出るためには加速度が着かないと・・・」「こんど教えてあげるよ。」
 
「宇宙にいけるけいけないかがわかったから、もういいよ。」
 
「はっちゃんにはむつかしいから」
 
「・・・・・・・」
 
孫がインフルエンザ発症、今週は家に籠っとくしかない。
宇宙どころではない!


 

 



 

読者のコメント