また、鎮魂の8月がやってきた。

P7237月はプールや海水浴で賑わい、8月に入って今度はクラゲに注意が日に日に高まる。
この頃から、特攻隊、終戦、原爆が重くのしかかってくる、しかしこれらを忘れるわけにはいかない、私たちですら戦争を知らない世代なんですから、ゆとり教育やらで育った人たちは、なおのこと蚊帳の外かもしれません。私が中学校の頃、昭和38年の社会科の授業で憲法9条や自衛隊がなぜ認められるのか?なんてやってましたよ。
 
――自衛の為だからいいんじゃないの?
じゃあ、自衛隊なら武器を持ってもいいの?
自衛隊は攻撃できるの?
――「・・・・・」
 
てな事を覚えています。この時は、音楽は5、社会は4、国語が4、数学が4、英語が3、理科が3、技術家庭が2だったと思います。

そんな訳で、Youtubeで見つけた動画を何点かアップいたします。
思想的な背景はありませんので、各々で動画を見て何かを感じていただければと思います。

8月13日は孫たちを連れて先祖の墓参りに行ってこよう。
 

 

 

 
ブロトピ:遠き昭和の思い出回廊
 

今日の元気の灯