イブだ~!サンタはいつから日本へ!


子供たちの夢を叶えるサンタは、いつ頃日本に来たのか?
 
古いところで、永禄5年(1562)に、ポルトガル人宣教師が大阪の境から本国へ送った手紙に「境の切支丹らは大なる喜びと満足とをもってクリスマスを祝したり」とあるのがどうも初めてだそうだ。




 
 
明治6年(1873)に禁制が解かれた後であれば
 
 
明治8年12月26日の東京曙新聞の記事
「12月24日夜、女子師範学校(現お茶の水女子大)の先生の家で、西郷従道夫人以下、著名士の婦人たちが集まって、クリスマス・イーブを祝ったとある。
 
また
 
翌25日には、商法講習所(現一橋大学)のボイトニー先生宅で、学者達が集まってクリスマスを祝ったと出ている。




 
明治14年の12月には
横浜の本町一丁目にあった明治屋が店内にクリスマス・デコレーションを初めて試み、翌年に開店した東京や大阪などの支店でも同じような飾りつけを始めた、これらは、まだまだ本国を離れている在日外国人の心を慰める程度の物であったという。
 

画像:江戸ガイドより

 
明治35年12月24日の時事新報の記事
横浜のクリスマス景気について初めて触れて、「明日はクリスマスに相当するが全横浜における贈答品の景況を聞くに、本年は例年よりむしろ好景気のほうにて、主たる西洋小間物屋の境町大宮商店、山下町五十九番レンクローフォールドのごとき西洋人を顧客とせる商店は、一両日前より客足しげく、すこぶるにぎわいおれリ。
 
 
いまそのクリスマス商品の主たる品を記せば、
 
もっとも望む人多き人気商品は
人形などの小児玩具にして1~2円ないし5~6円
次は、
麻ハンカチーフにしてダース3~4円ないし6~7円
次は
帽子4~5円
メリヤス一組9円
手袋2円4~50銭
香水3本一箱4円ないし7円
写真ブック4~5円ないし10円
内外、舶来絹傘1本7円ないし12円
くらいのもの、もっともさばけがよく、概して10円以上の高値のものよりは、安値品売れ行きよしといえり」
としている。
 
 
このあたりから、クリスマスの行事もようやく日本人の生活の中に入ってきたといえるのじゃないでしょうか。

 

画像:秋田県小坂町 明治6年クリスマス

 

明治37年12月26日の東京朝日新聞には、
次のような記事も見える。
「会堂の鐘が天の福音を伝うるごとく、クリスマスは、いかにキリストの祝福を世にしくものぞ、目覚めて靴足袋のうちにサンタクロースの賜物を見出したる子らのよろこびは、他のなににたとえん。
さるにても夫人連が心づくしの贈物は何。新しき望みを寄せて、幸福をうたうべきわが世の上にも、さらに新しき光や添わん」



 

■ 昨年書いてアップした原稿を見やすいように手直ししたものです。■

 

読者のコメント