ジリジリ焼き焦がす8月、火垂るの墓?

↑皆さんはこの↑写真を見てどんな気持ちになりますか?
↑↑幼子を背負った写真↑を見ると、↑↑「火垂るの墓」を彷彿させる。
 
 
「焼き場に立つ少年」
1945年 長崎 撮影 ジョー・オダネル
目撃者の眼  報道写真家 ジョー・オダネル
1999年現在76歳になるジョー・オダネル氏は、アメリカ軍
の報道写真家として第2次世界大戦後の日本を撮った。
 
佐世保から長崎に入った私は、小高い丘の上から下を眺め
ていました。すると白いマスクをかけた男達が目に入りまし
た。男達は60センチ程の深さにえぐった穴のそばで作業をし
ていました。荷車に山積みにした死体を石灰の燃える穴の
中に次々と入れていたのです。
 
10歳ぐらいの少年が歩いてくるのが目に留まりました。お
んぶひもをたすきにかけて、幼子を背中に背負っています。
弟や妹をおんぶしたまま、広っぱで遊んでいる子供の姿は
当時の日本でよく目にする光景でした。しかし、この少年の
様子ははっきりと違っています。重大な目的を持ってこの焼
き場にやってきたという強い意志が感じられました。しかも
裸足です。少年は焼き場のふちまで来ると、硬い表情で目
を凝らして立ち尽くしています。背中の赤ん坊はぐっすり眠
っているのか、首を後ろにのけぞらせたままです。
 
少年は焼き場のふちに、5分か10分も立っていたでしょうか。
白いマスクの男達がおもむろに近づき、ゆっくりとおんぶひも
を解き始めました。この時私は、背中の幼子が既に死んで
いる事に初めて気付いたのです。男達は幼子の手と足を持
つとゆっくりと葬るように、焼き場の熱い灰の上に横たえま
した。
 
まず幼い肉体が火に溶けるジューという音がしました。
それからまばゆい程の炎がさっと舞い立ちました。真っ赤な
夕日のような炎は、直立不動の少年のまだあどけない頬を
赤く照らしました。その時です、炎を食い入るように見つめる
少年の唇に血がにじんでいるのに気が付いたのは。少年が
あまりきつく噛み締めている為、唇の血は流れる事もなく、
ただ少年の下唇に赤くにじんでいました。夕日のような炎が
静まると、少年はくるりときびすを返し、沈黙のまま焼き場を
去っていきました。(インタビュー・上田勢子)
[朝日新聞創刊120周年記念写真展より抜粋]
 
 
私が子供のころ(昭和30年代)、学校は7月20日頃から夏休みに入った。
二学期は9月1日で、はるかかなたにあって、思う存分遊べると思っていた。
 
しかし、夏休みの朝は早く、眠い目をこすりながら、冷たい水で顔を洗い、カードを首から下げて、地区の集合場所に行き、ラジオ体操を行うのが日課となった。
 
カードに判を押してもらい、鉛筆を貰って帰った気がするが定かではない。
 
海水浴等は7月中にバスをチャーターして、何台も連ねて近くの海水浴場に遊びに行った。家族を巻き込んだ海の行事は7月で終わりで、今思えば、まさに、暦の大暑=最も暑い頃(7月21日~8月6日)に沿った行動であったのである。
 

 
TOPの写真のような、日本男児ここにあり、的な存在感は全く持ち合わせていなかったのである。
 
8月に入ると、海に行く機会はまずない。蝉だ、ウナギだ、蛍だと山を駆けまわり標本や課題に精を出す。地域の行事も、8月6日広島の原爆投下、8月9日長崎の原爆投下、8月15日終戦記念日、と続くのである。
 
勿論、夏の最後を飾る高校野球は、立秋(8月7日~)あたりで開催される。そして、花火大会、お盆と続き、この頃から、夕涼みで秋の心地よい風を感じる様になるのである。
 
これも、日本が平和であることの恩恵なんだろう、私は恩恵の享受者として、戦争の悲惨な事実を当時の動画を通して伝え継いでいければと思っている。したがって、毎年8月16日までは、記録動画を掲載し、見た人が何かを感じていただければと思う次第である。
 
 
 

忘れまじ 神風特攻隊!!


 

 


 
 
 

忘れまじ 3.11 東日本大震災!!




 
3.11 東日本大震災の死者、行方不明者は、19,824人、全半壊家屋は30万世帯以上に及ぶ、未だ復興は進まず、家族を失い生計のめども立たず、自殺に救いを求める人、少なからずと聞く。
山道中腹に、「何人もコレヨリサキ家ヲ建テルベカラズ」と書かれた警告板があったらしいが、時と共に忘れ去られて、今となっては後の祭りであろう。我もまた、祈ることしか出来ず空しい。
知あらば成せる知もなし。
 



 
 
 

忘れまじ 地震列島日本!


房総沖巨大地震の恐怖

 
古文書が教えてくれる房総沖の巨大地震に恐怖が走る。
これは、3.11の東日3.11東日本大震災の歪が、房総沖で止まったのは、ここ房総沖ににストレスが溜まった事を意味するのである。これを、古文書を 通して検証してみよう。



 
 

関東大震災に学ぶ首都圏への警告

 
東日本大震災以降、関東の地下では恐ろしいほどの地震が続いています。ここで次の大きな地震、すなわち、10万5000人もの命を奪った、マグニチュード7.9の大地震、関東大震災級の地震がおきても不思議でも何でもない事を
日本の歴史上最悪の関東大震災に学ぼう。
 



<!/div>

今日の元気の灯