世界で最初に1月1日を迎える国は?

日付と言えば日付変更線が頭に浮かんできますね、世界の日付は、この日付変更線を境にして切り替わる事になっています。

ならば、日付変更線は北極からベーリング海峡を通って、太平洋の真ん中をほぼ東経180度の線に沿って走っています。

身近な所で、日本とお正月に芸能関係でにぎわうハワイを例にとってみましょう。

画像:世界の時間より

日本ハワイ日付変更線をはさんで東西に位置していますから、夜の飛行機でハワイに向かうと、到着は日本出発と同じ日の朝と言うことになります。

すなわち、一日を二度経験することになります。

そうです、もうぴ~んと来たことでしょうが、日付変更線のすぐ西側にある国だと見当がつきますね。

じゃあ、探してみましょう、ベーリング海峡に面する、旧ソ連のチュコト半島やトンガ王国がそうですね。

しかし、国がまとまって日付が変わると言えば、トンガ王国(約170の島群からなる国家)に軍配でしょうか。

逆に、日付が変わるのが遅い国としては、トンガの北東にあるサモア(西サモア)があげられるでしょう。
画像:外務省より

トンガ王国が1月1日の午前0時を迎えたとき
日本は、12月31日の午後8時くらい
サモアでは12月31日が始まったばかりということになります。

明治17年(1884)の国際子午線会議で、東経180度と西経180度の重なる経線を日付変更線とすることに決められました。
東経180度(西経180度)が0時のとき、地球の新しい1日が始まると決めたのです。

で、時刻は

太陽が真上の、一番高いところにくる時刻が昼の12時(正午)です(南中時刻)

この南中時刻と次の南中時刻間を24等分したものが1時間

太陽が南中(正午)する1時間前であれば午前11時
南中(正午)したあと1時間が経過したら午後1時

ということになる。

地球は、1日24時間で、1周360度自転するので、360度(一周)÷ 24(時間)=15度
地球が15度回転すると1時間経過することがわかります。

画像:-Eikoku NewsDigest-

 

1件の返信

  1. shigezii より:

    今日も元気してます。

今日の元気の灯