二十四節気大寒入り、今期一番の寒さ!

今更ですが、松の内が1月7日でおわり、しめ縄やしめ飾りを外し、七草がゆも健康に済ませ、1月11日に鏡開き、15日にどんど焼き、そして今日1月20日の大寒といよいよ二十四節の最後の節を迎えました。ここから1年で一番の寒さが訪れる最後の節気にはいります。

大寒(だいかん)は、二十四節気の最後の第24節になります。

現在広まっている定気法では太陽黄経が300度のときで1月20日ごろ。暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とする。恒気法では冬至から1/12年(約30.44日)後で1月20日ごろである。

期間としての意味もあり、1月20日(大寒)~2月4日(立春)の1日前の節分まで、すなわちこの日から、次の節気の立春前日までである。
西洋占星術では、大寒を宝瓶宮(みずがめ座)の始まりとする。 -引用:wikipedia-

寒さが最も厳しくなるころ。『暦便覧』では「冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也」と説明している。

実際は1月26日あたりから2月4日あたりまでが最も寒いらしい

寒(小寒 – 立春前日)の中日で、一年で最も寒い時期である。武道ではこのころ寒稽古が行われる。
大寒の朝の水は1年間腐らないとされており容器などにいれ納戸に保管する家庭が多い。-引用:wikipedia-

1月5日の小寒とは、寒さが大きくはない、すなわちまだ本格的な寒さではないが、心の準備を・・という意味です。
小寒の日を以て寒の入りとされ、節分の前日までを寒の内(かんのうち)と言い、冬の寒中見舞いは、この小寒から節分までの間に出すものの事で、

節分以降に出す場合は寒中見舞いではなく余寒見舞いとなります。

また、空気が乾燥し、気温も下がることから、インフルエンザにかかる人も増えてくる時期です。

私は関東だから・・・という表現をよく使うんですが、自分ではわかりやすいので、と思ってるんですけれども、必ずしも関東が基準だと思って使っているわけではありません。

例えば、松の内とは、門松を飾っておく期間の事を指し、その間は年神様が家にいると考えられています。

この松の内は、昔は元日から1月15日とされていたため、
鏡開きは1月20日に行われていました。

しかし、徳川家光が4月20日に亡くなったので、関東近郊では20日という日を忌日として避けるようになり、
これに伴って鏡開きの日も1月20日から1月11日に変更されたそうです。

ですが、徳川幕府の力が強く影響しない関西地域では前のまま、1月20日を鏡開きとするところも多く存在するのです。
ちなみに関東では、鏡開きが1月11日に変更されたため、松の内も1月7日までと期間が短縮されています。

今日は寒かったですね、寒さに負けずに頑張ってください、

ブロトピ:遠き昭和の思い出回廊

今日の元気の灯