体を洗いすぎると健康に悪い



テレビで色々な人の話を聞いてると、自分では普通だと思っている事が、他の人と違っていた。
 
こんな話は、日常の話題に上がりにくい、トイレや入浴に関してが多いようです。

 



 
 

●髪を先に洗う人、あとで洗う人、
 
●のんびりしている訳ではないのだが、1時間以上入っている人
 
●普通に洗って流して10分で出てくる人
 
●朝シャンや朝シャワーをしないと出かけられない人
 
 
    などなど
 
 、
清潔症候群の女優や俳優があふれているようだ。
 
綺麗好きが悪いと言っているわけでもなんでもないんだが、
 
洗いすぎると風邪をひきやすいって言われたような気がする
 
 
==まとめ==
 
細菌やウイルスは人体の中に入ってこそ、生き延びる道がある。
 
そのためには、先ず皮膚にとりつくことになる。
 
一方、人間側だってぼーっとしてるわけではない、皮膚に付いた細菌やウイルスの侵入を妨げる壁があるのだ、
 
 
〇 一つは、密にできている細胞層、密ならば入りにくい
〇 二つ目は、表皮を剥離させて(垢)落としてしまえばよい
〇 三つめは、入浴でよく洗えば、細菌やウイルスの棲みついた表皮もアカとして落ちる
 
結果、落ちれば安全、安心カゼもひかないという論法
 
ちょっと強引過ぎましたかね、

 


画像:皮膚の構造

 

読者のコメント