前の家のほうがよかったな~

中秋の名月は暦では二日前だったんだが、本当の満月は昨日だったのである。
 
天体望遠鏡も用意し、孫が見たいと言えばいつでもOKの体制をとっていたんだ
が、迎えに行った帰りの車の中でハルの愚痴が始まったのである。
お月様どころではなかった。
 
じいじ、新しい家綺麗なのに、壁に穴が開いたんだよ、そして、床も穴開いたんだよ。
前の家、お金払って借りていたんだけど、前の家のほうがよかったなぁ。
エー、何があったの?
はっちゃん家の壁に穴が開いたんだよ、それで、時計が落ちてきて床に穴が開いたんだよ。
はっちゃんおふろに入っていて、お風呂まで聞こえたんだよ、で、はっちゃん泣いたんだよ。
 
 



 
今日、保育園に迎えに行っての帰りである
 
じいじ、お空きれいだね。
そうだね、あれはウロコ雲って言って、魚のウロコの様につらなってるからだよ。
本格的な秋の雲だよ
 
ふ~ん、なんか階段みたいだね
 

そうだね、それは思い浮かばなかったけど階段雲とでも呼ぶかな。
なんて話をしながら帰っていたら、

前の家のほうが良かったなぁ、
って、しみじみ言いだしたのでびっくりである。
 
何?、何かあったの?

車はいつも通りの時間で我が家に着いた、いつもならドアを開けて降りて、ポストの郵便物を確認するのが日課なんだが、今日は降りようともしない。

「はっちゃんお風呂で泣いたんだよ」
「うっ!なんで?」

「ママが、$%&って言って、お父さんが、いいよ全部やるから、って言ったんだよ、で、時計が落ちてきて床に穴を開けたんだよ。
はっちゃんは風呂に入っていたけど、全部聞こえていたんだよね、だから泣いたんだよ」

「そうか、はっちゃんいやだったね~」

さっ、下りるか。
 



 
「ただいま~」
「はっちゃん、お風呂で泣いたんだって、はっちゃんバアバにも教えてあげて。」

はっちゃんさー、お風呂に入ってて・・・・・・

「パパ嫌いなんだ!」

何か夫婦喧嘩したらいい、こっちは何も知らないので、孫の表現のまま伝えた方がいいと思ったんだが
女房は内容を解っていたみたいであった。
一応、私に促されたので、孫は、車の中で私に話した内容と同じ説明をしていた

問題はここなんだが、女房が&%$#$&%#って、私が40年くらい前にやった行為を例示したので、一瞬カチンときたのである。

必然性が全く無い例えに、やらしい女だな~と思ったのである。

そんなこんなしてるうちに、午後6時を回ったので、孫の夕食を出した。
カレーライスであった。
カレーライスは好きでないので、どさくさに紛れて2階の幽閉部屋に戻った。

そこでは、天体望遠鏡をのぞくでもなく、はるの辛い気持ちをどう補てんするかを考えながら、アサヒスーパードライ生が2本3本と消えていったのである。
 



 
 

 

今日の元気の灯