右前左前を間違えたシャツのボタン

二十四節気の霜降(そうこう)に突入。
夏の思い出は遠くへ過ぎ去り、東から西へ紅葉でおおわれてきます。
台風は、あっちこっちに被害を残して関東を通過しました。

北海道では初雪が降ったそうだし、
富士山も初冠雪を観測したそうです。
 
我が家は朝から孫のおもりで何もできない。金魚のフン状態で便所までついてきて、ジイジイ家のトイレットペーパー、ピンクなんだね

二階はピンクだが下は白だったでしょう?

そうだね

 



 
さて、私も冬用にと新しいワイシャツを着て孫のお迎えに・・・・と思ったら
あれ?なんか変?
ボタンがスムーズに止められない????
 
左利き用? グラブじゃ~あるまいしなぁ・・・
そうだ、ボタンの左右が変なんだん、右前?左前?
 
お~~い!  このシャツ、ボタンおかしくないかい?
何が? シャツ持って降りてくれば
 
 
ほらっ!
あっ、間違えてる、婦人物作ってる合間に縫ったから女性用に作っちゃった。もう一枚作るから、それはそれで部屋着で着れば?
 
だろー、やっぱボタンが逆なんだ!
 



 
着物は右前で、男女一緒ってのは知ってるけど、洋服のボタンって、なんで男は右前についてて、女性は左前についてんの??
 
お前、洋裁のプロなんだからわかんだろう?と聞いたら
いくつか説があるんだけど、どれも俗説で、一番信ぴょう性のあるのが、アメリカのファッション雑誌に男右前、女左前で掲載されたのが定着したのだろう・・との事だった。
 
実は、私の着ているシャツは、すべて女房の手作りなんです。
そう、すなわち着せ替え人形の代替えなんですよ
 



 
利点は融通のきくこと、袖はボタン2つ、後ろは少し長め、エリはいらない、ポケットは大きめ等、自由にお願いできるのであるが、忙しいからブツブツ言わないで、作ったもの着といてよ!の空気さえなければの話しである。
 
 
結局、食事の時に、このシャツここがこうなるとよかったなぁ、
今度作るときそうするから、それはそれで着といてよ
わかったわかった
・・・次って何年先の話しだよ・・・・

 
 
いい布が入ったから、お父さんのシャツも作っとくからね

そう言って縫ってくれたシャツがこうである、別に問題はないので女性仕様の左前のシャツを当たり前のように着てはいるのだが、ペンをちょっと挟んだりする時に一瞬慌てる、ロト6が1000円のあたりで原資回収できた。
 
 

 

 

読者のコメント