国名「日本」っていつから日本なの?


国技のついでに国名、日本の由来は

私たちが当たり前に使っている「日本」、いつから「日本」と呼ぶようになったのでしょうか?
 



 
結論から言うと、
大宝元年(701年)制定された大宝律令によってです。
思い出しましたか、
 
 
大宝律令は、日本最古の完成された成文法です。大宝律令のころは「日本」と書いて「やまと」とか「ひのもと」と呼んでいたようです。
 
奈良時代になると漢字の知識が広まって、訓ではなく音読みするようになります、「にほむ」と発音していたそうです。
 
これが、室町時代になると、東国の発音で読まれるようになり、「にほん」あるいは「にっぽん」となったそうです。
 



 
 
そして、昭和9年(1934年)の文部省臨時国語調査会で「にっぽん」に統一案が出たが、不調に終わった、この時、東京の「日本橋」と「日本書紀」だけは例外として、「にほん」と読んだそうです。?????
同年NHKが放送上、「にっぽん」を第一の読み方、「にほん」を第二の読み方にすると発表。

平成21年(2009年)に政府が、「にっぽん」「にほん」はいずれも広く通用しており、どちらか一方に統一する必要はない、とする答弁書を閣議決定した。

 



 
ちなみに、英語の「ジャパン」という呼び名は、マルコポーロの「東方見聞録」に載っていた「ジパング」(黄金の島)からきています。
 
 
参考までに、古くは
 
大八州(おおやしま)
秋津島(あきつしま)
豊葦原瑞穂国(とよあしはらのみずほのくに)
葦原中国(あしはらなかつくに)
大和(やまと)
等があり
中国では、倭(わ)と呼んでいた。


 

 


 

画像:日本史講座・律令の制定

 

読者のコメント