孫に自転車買ったぞ~~

今日もうっとおしい雨です。
実は孫に自転車を買ってやったんです。迷いに迷った結果、練習用にと評判の悪い中国製の14インチの幼児用自転車を注文したんです。
宅配便が届いたのと同時に次男が帰ってきたので、組み立てを手伝ってもらう事にしました。レビューの評判が悪いので、恐る恐る開けたんですが、クッション材も挟まっており、無傷で全く問題がありませんでした。当然ハンドルやステーは質の悪い素材で、どぶ漬けもしておらず、一雨で錆が出るなって感じでした。1~2年乗れれば、私が生きていれば、今度小学校の入学記念にしっかりした質のいい自転車を買ってあげようとの考えだったので届いた自転車には見た目満足でした。

すると、タイミングよく電話が入り孫の迎えを頼まれたのです、勿論私が迎えに行きました、家に着くなり おかえり~
―――はっちゃん、ただいま~でしょう

すぐに自転車を見つけ、

はる

なにこれ?、買ったの? この箱に入ってたの?箱開けたかったな!
じいじには言わなかったけど、はっちゃん自転車ほしかったんだよ、
はっちゃん自転車好きなんだもん、じいじと練習しようかなって思ってたんだよ


reedsport_b
じゃあ、乗ってみるか?

乗りたい

じゃあ外に持っていこう、

さっそく練習開始、じいじが押す、はるはペダルをこぐ、しかしうまくこげない???
次男が足が下に行ったら後ろにこぐようにしないと足が回らないんじゃないの?ここで足をこうしてみな?

どうも、片足が上に、もう片足が下にいったところでこげなくなっている???
中止!家に入れて調整しよう。

すぐに判明、ペダルを回すと、ペダルが真上に来た時と真下に行ったときにブレーキがかかったように重い、これじゃぁ4才にこげるわけがない。
さっそく、チェーンを外し、リヤハブの回転をチェック、ひっかかるような事はないが、若干重い、これはブレーキを使い始めると、あたりが取れてスムーズになるので問題なし。

となると一番重要なペダルの軸の異常ということになる。こりゃ参ったぞ、
すると軸側にカバーがかかっていたので開けてみると、中心に黒い四角(■)の軸があってそこにペダルの足をはめているのがわかった。
最悪、中心のベアリングを交換すれば何とかなりそう、と判断、分解にかかる。

次男が自分の道具を持ってきて作業開始、ペダルを外して、ペダルの足を止めている六角を外そうとする、
固いな~、こりゃ無理かも

ぅ~ん?? ちょっと待って、どっちに回した?

―― こっちだよ、

逆だ、これ逆さになってるけど、そっちが左側だから、左ネジだろう、左に回すと閉めることになる、時計回りに回してみな

―― ウ~~ン、あっ、ゆるんだ、よしよし、ナットは取れたけどアームが外れないねぇ~

まてよ、何かないか道具箱見てみるか、それは両サイドを挟んで中心を捻じ込んで外す専用の道具があるんだよ、俺のシェビーの修理の時工場長がやってるのを見てたんだよ、これは便利だな~って思ったのを思い出すよ、でも家にはないよな、このかぎ型が使えるかも?

チェーンの歯車の付いてない方だから、かぎ型を中心にさして玄能で叩く、少し回して玄能で叩く、こうして軸から足を少しづつ抜こうと考えたんだが、固い、そうこうして余り進展がないまま、ペダルを回すとかる~く回った、おお~軽い、このくらいならいいんじゃないか

―― ああ、いいね~、ひっかからないし、何が原因なの

結局、ペダルの足を締めるのに、トルクレンチを使わないで力任せに締めたんじゃないか、だからどこか一か所に負荷がかかって回りにくくひっかかったんじゃないか。

原因はとにかく、スムーズに回ってよかったよ、明日の日曜日はちゃんと練習できるぞ~。

[su_slider source=”media: 2157,2156″ title=”no” arrows=”no” pages=”no” mousewheel=”no” autoplay=”8000″ speed=”3700″]

おはよう
今日は雨か、はるは残念だな、自転車練習できないな、なんて言ってたら、雨も上がってなんとなく空が落ち着いてきた。

じいじ
補助輪をつけたから今日は第二公園まで行ってみるかな~

―― もしもし、そうなの、ちょっと待って・・・・
お父さん、はるが自宅で練習したいから自転車取りに来てもいいかって?

ここで練習だったんだけどな

―― いいんじゃないの、パパ、ママ、と太希と一緒にやりたいんだよ

しょうがないないいよ

―― もしもし、いいって、何太希と一緒にくるのね?わかった出しとくから、ハイハイ

t66
 
 
あっ!来た来た、はるの声だ、下りるか

あれ、はるの声しなかったか?

―― なによ、じゃぁね~って、さっさと自転車持ってかえったよ

な~んだ、太希と二人でかー?

―― そう、あっさりしたもんよ

「・・・・・・・・・・」
 
 

[su_box title=”嘘か本当か、今日の知ったかぶり” style=”bubbles” box_color=”#798077″ title_color=”#621e0c” radius=”2″]人間は最高何歳まで生きられるのか?
科学的には、動物の寿命は、その動物が成熟に至る期間の5倍の寿命がある。とされています。神話や伝説ではなく一応の証拠のある長寿の例では、

トーマス・バー氏が152歳まで生きた、しかも、102歳の時に強姦罪で刑務所に行きになったほどの精力の持ち主。

旧ソ連のシラリ・ムスリモフ氏は、130歳の時56歳の婦人に娘を産ませ、168歳(1974年)で亡くなりました。

わが国では、江戸中期に因幡(いなば)の国の百姓儀座衛門が、209歳まで生きたという記録があります。

ちょっと人間の場合の寿命に戻ってみよう、
➀成熟年齢が成人になった20歳だとすると、人の寿命は100歳と言う事になる。
➁一般に言われている成熟年齢が25歳だと、人の寿命は125歳と言う事になる。
➂いやいや、若造といわれなくなった30歳だと、人の寿命は150歳になる。

ちなみにここを読み終えた時間が21時~3時ならば➀、3時~8時ならば➂、それら以外は➁かもしれない
長生きしたい人は健康な睡眠を、信じるか、信じないかは、あなた次第です
[/su_box]

今日の元気の灯