息抜き

孫がもった疑問
 
ここんとこ忙しくて、箇条書きのブログネタを検証できないでいる。
そこで今回は孫から受けた質問の中からいくつか紹介したいと思う。
孫は保育園なので、幼稚園のように学校教育法に影響されずに、児童福祉施設として、のびのびと遊んでいるのだろうから、幼稚園教育の小学校の準備学習くらい家庭で対応しなければ、と動き始めた所である。

 
まずはこんな疑問、保育園の園庭でやってるらしい。
➀目をつぶるとなぜまっすぐ歩けないの?
人の身体は左右不対称だからなのです。
右半身と左半身の骨格や筋肉が全く同じという人はいません。
このため、歩く時も左右どちらかの働きが強くなるのは自然なのだそうです。
 

目を開けている場合は、
    まわりを見ながら無意識のうちに方向を修正しています。
ところが、目を閉じると、
    体の構造と筋肉の動きだけで方向が決まるので、左右
    どちらかに曲がってしまうという事らしい。
 
 
食事中に、のど渇いた! そうか、さっきラーメン食べたからだ!(バアバ)
➁しょっぱいものを食べるとお茶が飲みたくなるのはなんで?

水を飲んで塩分を薄めようという欲求のため。
体内の塩分の量はいつも一定しています。
 
塩辛いものを食べて体内の塩分が濃くなると、薄めたい欲求が自然と起こります。
これは、ナメクジに塩をかけると縮んで小さくなるのと同じ原理だそうです。

 
私たちの身体をつくっている細胞は、
  まわりの塩分が濃すぎると、
    細胞の中の水分が抜け出て縮んでしまいます。
 
  また、細胞の中の塩分が濃すぎると、
    まわりから水分が入ってきて、ふやけた状態になります。
 
そして、縮んだ時には水を、ふやけた時には塩分を与えると正常な状態に戻るそうです。
この様な細胞の変化が、私たちに水を飲みたくさせたり、しょっぱいものを要求させたりしているのでしょう。
 
      
昼寝を我慢しているらしい! 保育園でも寝ないと言われている。
➂眠たい時、なんで目をこするの?

眠くなると血液の流れはゆっくりとなり、血圧も下がってきます。
  そして、末梢の毛細管には、軽いうっ血が起こります。
    まぶたも自然にうっ血してきます。
 

まぶたの皮膚は大変薄いので、このほんのわずかのうっ血でもはれぼったくなり、重たく感じるようになるそうです。
そこで、うっ血を散らそうとして、あの目をこする動作をするのだそうです。
 
 


    過去から学ぶ巨大地震の兆候!



房総沖巨大地震の恐怖

古文書が教えてくれる房総沖の巨大地震に恐怖が走る。
これは、3.11の東日3.11東日本大震災の歪が、房総沖で止まったのは、ここ房総沖ににストレスが溜まった事を意味するのである。これを、古文書を 通して検証してみよう。



 

関東大震災に学ぶ首都圏への警告

東日本大震災以降、関東の地下では恐ろしいほどの地震が続いています。ここで次の大きな地震、すなわち、10万5000人もの命を奪った、マグニチュード7.9の大地震、関東大震災級の地震がおきても不思議でも何でもない事を
日本の歴史上最悪の関東大震災に学ぼう。




読者のコメント