明治の三面記事―7

[su_divider top=”no” size=”2″ margin=”10″]
(16)人力車男女相乗りの罪な部分    明治10年
[su_divider top=”no” size=”2″ margin=”10″]
明治10年(1877)10月23日の大阪日報に「男女相乗り禁止論」というのがある。

文体が旧式なので、今風に書き換えて紹介しよう。
 
「いまから八、九年前をかえりみると、男女混浴の風呂屋商売があった。しかし、明治維新となってその悪習を廃し、男女それぞれ湯を別にし、わが輩は大いに感服したのである。ところがどっこい、人力車で男女相乗りをいまだに禁止しないのは、わが輩の気にくわぬところである。
 

当時の人力車にも、ダブルがあった。一人乗りより多少は広いが、いずれにしても車引き一人が引くので、そう大型には作れないので、それがまたアベックには好都合なのであった。
さる十五日の夜八時ごろ、心斎橋北詰から天神橋までの約束で、男女相乗りの客があった。しばらく走ると、客が言う、

 
――ここからは走ってはいかん。
――後ろを向いてもいかん。
 


車引きはハイハイといって、その通りにしていると、やがて車がズシリと重くなって、中での話し声がとまった。車引きが提燈をかざして中を覗くと案の定、ご両人、品性のいやしき行為の真っ最中。これ男女相乗りのもたらす害であって、つまりは無益のことである。したがって、やっぱり相乗り人力車は禁ずべきと思うが、諸君の説いかん」

 
無益といっても大きなお世話だが、それにしても車引きは、行為の間、懸命にカジ棒をおさえていなければならないのだから、罪なことには間違いない。確か当時の浴場は、男女別々に風呂を沸かすのは浴場の負担が大きい、との事で、着替えの場所だけ別々で中では混浴が当たり前になっていたと聞く。
 
ofuro_ogp

5_8
画像はネット検索にて借用



 


[su_divider top=”no” size=”2″ margin=”10″]
(15)男に対する女学生の心得十カ条   明治42年
[su_divider top=”no” size=”2″ margin=”10″]

明治42年(1909)12月、東京の女学校七十余校の男女教員によりつくられている、女子教育者懇話会が、「男子に対する若き婦人の心得10か条」を制定した。
「旧かな使いの原文のまま、ここに紹介しよう。

一、凡て男子と面接する場合には適當なる同席者あるを要す。若し止むを得ずして単獨にて面接する場合には、開きたる所に於いてすべし。
 
二、単獨に居住する男子を訪問すべからず。但し止むを得ざる場合には、適當なる同伴者あるを要す。
 
三、漫(みだり)に青年男子と文通す可(べ)からず。又未知の人より文書を送られたるときは、自ら開封せずして適當なる保護者に差出し其指揮を乞ふべし。
 
四、漫(みだり)に男子と寫眞其他物品の贈答を、なすべからず。
 
五、日没後は止むを得ざる場合の外は、単獨にて外出せざるをよしとす。
 
六、例え近親の間柄と雖(いえど)も、適當なる婦人の保護者なき家庭には宿泊又は止宿す可からず。
 
七、途上又は車内などにて止むを得ざる場合の外、未知の男子と對話し、又は其世話を受く可きものにあらず。
 
八、病室にて男子と面接するは禮(れい)を失するのみならず、自己の品性を傷つくるものなれば、最も注意を要す。其他凡て誤解を招き又は間違を生ず可き虞(おそれ)ある場所には近寄る可からず。
 
九、若き男女のみにて散歩、遊戯若くは娯楽等をなすは、周囲の指弾を招くものと心得べし。特に監督者なき歌留多會等に出席するは宜しからず。
 
十、常に其の言行を慎み、自重の心を養ふ可きは勿論、殊に男子に対しては其言語動作を謹み、苟(いやし)くけい侮を受けざる様注意すべし。
 
 

 

[su_divider top=”no” size=”2″ margin=”10″]

引用した主な新聞解説

[su_divider top=”no” size=”2″ margin=”10″]

大阪朝日新聞=明治12年(1879)1月、朝日新聞として大阪で創刊。21年7月、東京のめざまし新聞と合併し、東京朝日新聞としたのにともない翌22年1月、大阪朝日新聞と改題。昭和15年(1940)1月、東京朝日新聞と題号を統一し朝日新聞となる。
国民新聞=明治23年(1890)2月、東京で創刊。昭和17年10月、都新聞に合併し、東京新聞となる。
時事新聞=明治15年(1882)2月、東京で創刊。昭和11年12月、東京日日新聞に合併。
新聞雑誌=明治4年5月、東京で創刊。明治8年1月、あけぼの新聞、同じく6月東京曙新聞、明治15年3月、東洋新聞とそれぞれ改題、明治15年12月廃刊
中外物価新報=明治9年(1876)12月、東京で創刊。明治22年2月、中外商業新報となり、昭和17年11月、日本産業経済と改題、昭和21年3月、日本経済新聞と改める。
朝野新聞=明治5年(1872)11月、公文通誌として東京で創刊。明治7年10月、公文通誌から朝野新聞と改める。明治26年11月廃刊。
東京日日新聞=明治5年(1872)2月、東京で創刊。明治44年3月、大阪毎日新聞と合同、昭和18年1月、大阪毎日新聞と題号を統一し
毎日新聞となる。
郵便報知新聞=明治5年(1872)6月、東京で創刊。明治27年12月、報知新聞と改題、、昭和17年8月、読売新聞と合併し読売報知新聞と改題。
読売新聞=明治7年(1874)11月、東京で創刊。昭和17年8月、報知新聞と合併し読売新聞から読売報知と改題、昭和21年5月、読売新聞と旧名に戻った。おもしろ雑学事典 著 相沢正夫 発行 毎日新聞社

 
ブロトピ:遠き昭和の思い出回廊
 

今日の元気の灯