煙草は吸ってもふかしてもアウト!


国会で議論受動喫煙問題

ここんとこ忙しくて、資料に費やす時間が取れない。
 
深夜から早朝にかけて仕事をし、朝食抜きで午前中寝ている。
 
午後1時前に女房が帰宅して昼食、そして寝る、一時目が覚めたら投稿をチェック。



昨日は、天体観測の予定だったが、疲れて、午後7時過ぎには寝てしまった
 
目が覚めた今は、投稿の時間に充てることにした。
 
 
で、国会で議論している受動喫煙問題を・・・・。
 
受動喫煙は、主に急性影響によって、目のかゆみ、目の痛み、涙、瞬目、くしゃみ、鼻閉、かゆみ、鼻汁、のどの痛み、頭痛、吐き気、咳、喘鳴、呼吸抑制、指先の血管収縮、心拍増加、皮膚温低下を引き起こす。<引用:wikipedia より>
 
 
頻繁に起こる頭痛や風邪。 なんだかいつも体調が優れないと言う病気のようで病気でない症状もそうなんです。

 
 

画像:田中徳左衛門商店

 
私は、喫煙は止めているので、大して気にもしないで聞いていたんだが、「百害あって一利なし」と言われる煙草の販売を禁止してしまえばいいのにと思ったことはないですか?
 
販売禁止、輸入禁止となればアルカポネのような、闇の世界へ流れることでしょう。
 
しかし、麻薬のように、そう簡単には禁止できないのである。
 
今回は、このあたりにも視点を置いてみよう。
 

 



 
そもそも、煙草って?いつ?どこから?純国産?
 
1492年、コロンブスがアメリカ大陸を発見したときに、原住民から贈られたものをヨーロッパに持ち帰ったのが始まりのようです。
よって、タバコはアメリカ原産。
 
日本にタバコが入ってきたのは、1543年、ポルトガル人が種子島に鉄砲を伝えた際にタバコを同時に伝えた。と言う説と、
 
フランシスコザビエルを乗せてきた船の船員たちがタバコを吸っており、喫煙の習慣が広まった。と言う説である。
 
この時、同時に「タバコ」「キセル」なども伝わったのでは?という。
 
 
最初は南蛮船が持ってくる少量の葉で、値段も高く、裕福な大名や商人でなければ吸えなかったという。
 
ところが、徳川家康が東南アジア方面への朱印船貿易を再開して、フィリッピンのタバコの葉が、大量に出回りだすと、一般にも喫煙の習慣が広まっていったという。
 
そして、慶長年間(1596~)になると、全国でタバコは栽培され、男、女、子供までもがタバコをふかす大流行となったそうな
 

 



 
 
 
『タバコ規制をめぐる法と政策』(日本評論社)の著者である関西大学法学部教授・田中謙氏は語る。
 
「現在、日本では『たばこを禁止すべきである』という国民のコンセンサス(合意)が得られていないので、法律によってたばこが禁止されているわけではありません。
 
一方、大麻は大麻取締法によって禁止されていますが、これは『大麻を吸うべきではない』という国民のコンセンサスが得られているからです。

国民が選挙で選んだ国会議員が集まった国会で同意があってはじめて成立するものが法律なので、法律が成立するかどうかは、有害性や依存性などの科学的な根拠ではなく、国民のコンセンサスが得られているかどうかがカギになるのです。
 
たばこに関していえば、『たとえ健康を害するとしても、たばこを吸うかどうかは個人の自由』と考えている国民が多いので、たばこが法律で禁止されているわけではありません。
 
『たばこを吸うべきではない』という国民のコンセンサスが得られれば、たばこ取締法といった法律ができる可能性はありますが、現時点ではなかなか難しそうです」
<引用先へリンク>
 
 
 
WHO世界保健機関 上級政策顧問 ジュディス・マッカイさん
 
「喫煙エリアの煙による影響を100パーセント防ぐには、竜巻並みのエネルギーが必要です。
『完全な分煙』など不可能です。」
日本の法律では、建物内の禁煙はあくまで「努力義務」。
罰則もなく、世界でも遅れていると言われているんです。
 
「日本のたばこ対策は、世界でも最低レベルだと思います。
日本にとってオリンピックが開かれる2020年までの4年間に、たばこ規制を制度化することは、とても重要な目標だと思います。」
 
 
私個人的にはタバコ税の税収がネックになっている要因の一つでしょう、と言うか・・・・・・・。
 
 
喫煙者の言い分
 
おれは、タバコをふかしてるだけだから大丈夫だよ、
要するに肺に入れなきゃいいんだろ
 
本当に大丈夫だと思っていますか?
 
残念! 大きな誤りです。
肺ガンでなくとも、喉頭ガンがあるし舌ガンがある。
タバコは軽く吸っても、発がん物質の一酸化炭素は残ります。
 
やはり禁煙しかないのか?
 
そうなんです、まあ、棺桶に片足突っ込んだと思って吸ってください。
 

 

 

読者のコメント