立春だ!新春だ!節句で厄払い!

いよいよ2月4日から「立春」です。
ということは、立春の前日、すなわち2月3日が「節分となります。

節 分」=節分は立春の前日の事。立春が決まれば節句はおのずと決まります。

また、立春から立夏の前日までを・・「といい、この時期になると、暖かい地方では梅の花が咲き始めます。
また、節分は、「立春」が正月なのに対して、大晦日の役割を持ち、一年間の厄払いのために豆まきを行います

豆まきが終われば、次の日から新年(立春)です。また、立春を基準にしていろいろな決め事があります。

立春から数えて88日目が「八十八夜
八十八夜に摘んだお茶は、高級な茶葉で
あると言われています。

立春から数えて210日目が「二百十日
この日は台風が襲来する可能性が高く、
厄日(農家)だと言われています。

立春から220日目が「二百二十日
二百十日と同じで、台風が襲来する可能
性の高い日とされています。

立春と正月
飛鳥時代に中国から二十四節気が伝えられると、冬至が年の分割の起点と考えるようになり、立春を一年の初めとして暦が作成されるようになりました。
明治時代に改暦されるまでは、立春は正月とほぼ重なっていたため、年賀状に「早春」や「新春」という言葉を使いました。

さて、立春を迎えるにあたって、何をすればいいんだろう?
その前に、上に書いたように、立春の前日が節分で、季節が変わることを表しており、特に立春は旧暦の一年の始まりを示していた関係で、立春の前日の節分は大晦日の側面を持っています。

もし、昨年の邪気を払いきれていないと思う人は、この節分を利用して、昨年の邪気を払ってみては・・?

柊の小枝に焼いた鰯の頭を刺して作る。(柊鰯)

柊鰯は戸口に置いたり、貼ったりする。
そして玄関ドアの柱に立春大吉の札(半紙に自分で書く)無病息災を願って貼る。
平安時代の土佐日記にも書かれている古い風習です。

ちなみに、今年の恵方は、北北西やや北 だそうです。

今日の元気の灯