立春の初午(はつうま)

2月12日は初午(はつうま)です

初午とは、立春の2月の最初の午(うま)の日の事、1年で一番運気が高まり、陽光の力が最も強まる日とされています。

また、今から1300年以上前、和銅4年2月11日(711年3月4日)に伏見稲荷神社(京都)の御祭神である宇迦御霊神(うかのみたまのかみ)が稲荷山に降り立ったとされ、この日が初午だったことから稲荷神社では初午祭りが行われるようになりました。

この日は、稲荷神社へ参拝、厄払いするだけでなく、稲荷信仰のある家庭では神棚に御神酒、油揚げ、いなり寿司、初午団子などをお供えするそうです。

お稲荷さんというと商売の神様というイメージがありますが、元々は五穀を司る農業の神様でした。このことから、初午では五穀豊穣や家内安全、商売繁盛を祈願するお祭りになりました。

本来は、旧暦2月の最初の午の日であるが、現在では、新暦2月の最初の午の日とされている。そのため、元々は 春先の行事だったのが、 冬の一番寒い時期の行事となってしまった。

また今では2月最初の午の日とされるが、古来は、立春以降の最初の午の日に行われていた。

2月の2回目の午の日を二の午(にのうま)、3回目を三の午(さんのうま)と言い、これらの日にも祭礼を行う地方や、二の午もしくは三の午にのみ祭礼を行う地方もあるという。   

今日はおとなしくしていた方がよさそうですね。テレビでは大雪報道が流れています。中国地方特に山陰地方に大雪の情報。寒波はあと2回くらい来るのかも。3月に積雪、あるかもしれません。

でも、スーパーJチャンネルで「ふきのとう」が顔を出していましたね。

今日の元気の灯