通りゃんせ

ふたりが向き合って、両手を上にあげてお互いの手をくんで、トンネルを作ります。残りの人は、トンネルに向かって一列にならびます。

始まりは通りゃんせの歌である、とうりゃんせ、とうりゃんせ、と歌いながら手で組んだトンネルをくぐりぬけます。
トンネルを無事くぐり抜けてたら、また、列の最後尾に並びます。

歌の間、これをくり返していきます、遊びになるのは、通りゃんせの歌が終ったときで、歌が終ったら、
トンネルを作っている二人組は、素早く手をおろして、通り過ぎようとする子を捕まえます。
捕まえられた子が次のトンネルになります。

こんな単純な遊びです。

歌詞は

とおりゃんせ、とおりゃんせ、
こ~こはど~この細道じゃ~、
天神様の細道じゃ~、

ちょっと通してくだしゃんせ、
ご用のないもの、とおしゃせぬ。

この子の七つのお祝いにお礼をおさめにまいります。
行きはよいよい、帰りはこわい、

こわいながらも、とおりゃんせ、とおりゃんせ

今日の元気の灯