戦後女は強くなった!??!?


今日の関東は冬だ!札幌と同じ15度であった。
昨日までの夏日は終わって、秋をすっ飛ばし、冬に突入してしまったようだ。
 



 
先日、歯医者に行った話をしたんだが、その帰りに近所の100均によってノート2冊、下のスーパーでマスカットを買って、よっぽど、栗も買って帰ろうと思ったんだが、歩きだったので膝が痛くなったら困るので、あきらめた。
 
目に入ったのは昔靴の修理をやっていた所に設置されていた宝くじ売り場である、
前に女房が、
あそこは高額が出ていないから人が集まらないんだと言ってた。
 
見ると女房の言う通り、誰もいない、私には人混みがないので買いやすいのだ。
今日もロト6を5例、1000円で購入、実は、先週も5例買って帰って、結果1000円当たっていたのである
女房に交換してくるように頼んだ。
 

 
「あした歯医者なんだが、ロトは交換したの?」
「ああ、交換したけど買ってないよ、明日でも買えば?」
「そうだな?・・・・」
 
そういう訳で前にやった事のあるロト6を購入、そして昨日の発表である。
一通りの作業が終わって、深夜、ロト6の当選番号を調べる。
 
3組当たっているのが1本1000円
4組当たっているのが1本10500円
残り3本は2組のみ
 
 
朝、女房にこれこれ当たっているので交換してきてほしいと渡す。
 
 
「あれっ、私も2つ買ってんだけど、どれどれ、ダメか、やっぱり1000円は買わないとだめかー・・」
「・・・・・・・・・・」
 



 

「交換してきたよ、全部で11500円だったよ。」
「そうだよ、3つがひとつに4つがひとつだから」
「それじゃ、はい5000円、お父さんのビールでも買えばいいじゃん」
「こんど歯医者に行くとき、また買えば、運が向いてるのかも、でもお父さんよく当たるよね~」

 

なんで、俺のお金で買って、当たったら半分なのか?
ごく当たり前にビールでも買えばって?
毎月のビール代って女房の方の財布から出ているのに、俺が払ったんじゃおかしいだろう、まあ、俺のお金でもないから別にいいか、また、当たるのを待とう。 

 
 



 

 

 

 
 
 

今日の元気の灯