日本がんばれ!相撲は国技?!


国技の相撲に頑張れ日本人!


国技の相撲だから、日本人が頑張らないからこんな問題が起こるんだ!
など、問題の多い大相撲ですが、事件の善悪はメディアにお任せするとして、ここでは相撲は「国技」なんだから日本人がもっと・・・・・云々と言われていますが、
 
この「国技」と言う言葉を聞くと、相撲、柔道、剣道・・・と思い浮かぶんですけれども、今の若い人は「国技」と言ってもピンとこないかも知れませんので、ちょっと整理してみたいと思います。
 
 



 
 
国技とは?(Wikipedia より)
一般には、その国の特有の技芸、ある国の代表的な競技のことである。たとえば一般的には、スポーツ競技や武術 等々である。 ただし、厳密な定義は存在しておらず、“事実上の”国技であるものもあるし(米国のベースボールなど)、
各国の法令でわざわざ定めてあるものもある(カナダのラクロスやアイスホッケーなど)。
 
1.国家機関によって特別の地位・待遇を与えられているもの
例:パト(アルゼンチン)、アイスホッケー(カナダ)
 
 
2.国民に深く親しまれ、その国の文化にとって特に重要な位置を占めるという考えが提唱され、一定の範囲で広められているもの
例:相撲(日本)、野球(アメリカ合衆国)
 
 
 
前者の場合は、国家機関から法令等で正式に「国技 (national sport)」としての地位を認定されている。
 
 



 
 
後者の場合は、
 
 
➀ 歴史が古く、その国の伝統文化と深く結びついていると愛好者の間でみなされていれば国技であるとする考えもあれば、
➁ 現在国民の間に人気が高く、競技者人口や観戦者人口が多ければいいとする考えもあって、
 
 
定まった意味内容は整っていないのである
 
 
また、国技の条件として、
 
A. その国で生まれたものでなければならないと考える者もいる
しかし、国民から深く愛されているスポーツが、外国に起源を持っていることが判明するというケースも珍しいものではない。
 
 
また、アメリカ合衆国では歴史的に野球が国技だと見なされていたが、近年の世論調査では、野球に取って代わり、アメリカンフットボールこそが国技であるという意見が主流を占めるなど、時代によって変化することもある。

 

 
 
Yahooの知恵袋から抜粋、
財団法人日本相撲協会が1966年4月1日に財団法人大日本相撲協会から改称する際に文部省に提出した寄附行為第3条(目的)に「この法人は、わが国固有の国技である相撲道を研究し、相撲の技術を練磨し、その指導普及を図るとともに、これに必要な施設を経営し、もって相撲道の維持発展と国民 の心身の向上に寄与することを目的とする。」と明記し昭和41年文部省令第6号として監督官庁からの省令認可されています。現在の文部科学省も昭和41年文部省令第6号を踏襲してるので大相撲に限らず相撲は国技だと中央官庁からも認められているので国技です。
 
 
 
相撲が「国技」だと言われるようになったのはいつ?
これは、明治42年(1909)に国技館が完成してからのことなんです。
相撲の常設館を作るにあたって、名称を決めるのに、元大関の大戸平広吉が開館のあいさつ文で「そもそも相撲は日本の国技なり」の言葉を受けて「国技館」の名を提案した。以来、相撲は日本の国技であるという認識が広まったということらしい。