残酷! 2B弾でカエル爆発遊び

BB弾は、花火に類する遊び道具で、マッチを擦る要領で着火させると、シュッと煙が出て、そのうちにバ~ンと大きな音がして、BB弾の中の火薬が爆発する。

遊び方は、着火したBB弾をすぐに瓶に入れて蓋をして、遠くに離れる、するとボンと鈍い音を立てて、瓶の蓋が上空3mくらい飛んだ。それが面白くて何度も繰り返した。

この遊びは差し込める場所さえあれば、なんにでも差し込めたので、子供たちの手で、どんどん新しい?遊びへと広がっていった。

◎プラモデルの戦艦の砲台の中に差し込んで爆発させる
◎手投げ弾のように、着火して数を数えて、相手に投げる
◎生きたカエルの口から差し込み離して水面で爆発
◎犬のうんこに差し込んで飛び散らす
◎牛乳瓶に水を少し入れて石で蓋をして爆発させる
◎爆発力を強くするため、勝手に火薬の量を増やす
◎土を上にかぶせて爆発させる

blog_kochikame157_120

こうなっていけば、失敗して火傷をする者や指に大けがを負う者まで出てくる。
想像はつくと思うが、当然使用禁止から販売禁止へとなった。
戦争で嫌と言うほど悲しい目にあってきている大人たちがよく販売したもんだと思う。私たち子供たちにとっては、スリルのある楽しい遊びに他ならないのだが・・。
学校でも注意された記憶がない。
「火薬を抜いて混ぜたりしないように」
と言うのはあった。投げ玉、100連発銃の巻き玉、単発で大きな破裂音の平玉?等、当時は火薬系も多かった気がする。


☝これは日本の2B弾とは違うが、打ち上げ花火?、遊び方のイメージは同じである。
 
 
検索で見つけた画像:
2016-04-11

同級女子


男の子は本当に残酷で危ない事が好きなんだねぇ~
そういえば草で輪っかを作って、カエルやアカハラを釣り上げてあそんだなぁ~

ブロトピ:遠き昭和の思い出回廊
https://blogcircle.jp/commu/531/topic/2

今日の元気の灯