イライラしているあなた・・・・へ!!

<明日の開運方位は東方>

幸福になる木をお譲りします!
       街を歩いていて、偶然こんな看板を目にしたら・・・?

BAR「魔の巣」で、笑ゥせぇるすまんの喪黒 福造(もぐろ ふくぞう)に、「心の隙間埋めますよ」って名刺を渡されたら・・・?


  さ~て、あなたならどうしますか~?

 こういう時って、馬鹿馬鹿しいと思う反面、ひょっとしたら……と思っちゃいませんか?
手の届く範疇なら「騙されてみるか!」・・・・お酒が入っていれば尚更でしょう。


偶然起こったと思っていることが実は時を経ると
必然(因果)だったりすることは
ままある事です。

自分の背中は自分では見えないもの、慌てず焦らず、
あなたの背を知る他人の声に耳を傾ければ、
あなたの夢はきっと叶うことでしょう


遠き昭和は仲良し小道 遠き昭和の想いで廻廊! 遠き昭和が懐かしい

<明日の開運方位は東方>


イライラしているあなた! そう、あなたです、どうされましたか?

  イライラしていますね! イライラしている時は要注意です。

 イライラしている時は心が狭くなります。
 心配され、構われるほどに鬱陶しくなります。
 心配されればされるほど気に触ります。

 いつもなら普通に受け答えできる話も皮肉に聞こえたりします
大切な知人、友人との会話ですら、安らぐ事が・・・


 


美容健康商品は、悔しい思いをしない為にも、先ずサンプルから





<今日の豆知識>


画鋲や針はなぜ刺さるのか??!


今日、久しぶりに危ない思いをした。テーブルの私の席に小さな台形の金具と押しピンが置かれていた。もう少しで手で押さえるところだったのである。

危ないものではないだろうと思い、手のひらで押さえるところだったんだが、一瞬、丸く淵にギザギザが付いた茶色が、番傘を置いた状態を連想させた形だったので、”押しピン!”と危険信号が頭を走った、指先に力を入れ指を曲げて手のひらが金属を押さえないようにして座った。一瞬の判断だった。

案の定、一つは形状から靴のカカトが減らないように打つピンだと思うが、もう一つが画鋲だったのである。
このまま押さえていたら円錐状に動く画鋲を手で起こし、刺さるところだ。

よく見渡すと、テーブルの下にも赤いマチバリが転がっていた。
孫は、きたらすぐに靴下を脱ぐので、針が刺さる確率は断然低くなる、靴下を履いていると靴下が針を拾い、マチバリの頭と靴下が支点となり針が起きるので刺さる確率は高くなるのであろう。

「お~~い・・・・・・」
  「なんで危ないの?めったに刺さらないから・・・・」
「めったに?・・・・」
「先が尖ってんだから危ないだろう・・・・」
  「だ~いじょうぶだよ~、拾っといて」
「・・・・・」

なぜ?先が尖ったものは刺しやすいのかって事になってしまう、針や釘、押しピンはいずれも尖っている、先の丸い針なんてある訳がない、なぜなら刺さらないからである。

考えてみれば先が丸くても尖っていても、加える力は同じはずだとすれば、なぜ・・・・??

加えられる力は同じでも、圧力は同じではないからでしょう。
押しピンは、加えたすべての力が、その微小な先端に集中するからだろう、
 一方、
釘など、は先が鋭くないので、加えた力が、先端の面積に分散されるからでしょう。

私たち人間も、体を休める時に横になります。それは、出来るだけ広く、体を床面につける為です。
立っていれば、体重が足に集中されます。しかし、横になれば分散されて楽になることを知っているからなのです。

最後に、北国の人達が、雪の上を歩くのに履くカンジキも雪の中にのめりこまないように、底面積を広く取った履物だという事でしょう。

 


広告表示で現金、クリックで現金、売れたら現金、掲載は簡単