万人に好かれる人、って・・・・・?!


遠き昭和の仲良し小道 遠き昭和の想いで廻廊!遠き昭和が懐かしい


<今日の開運方位東南>



幸福になる木をお譲りします!
       街を歩いていて、偶然こんな看板を目にしたら・・・?

偶然入ったお店が bar「魔の巣」で、笑ゥせぇるすまんの喪黒 福造(もぐろ ふくぞう)に名刺を渡されたら・・・?


  さ~て、あなたならどうしますか~?


 こういう時って、馬鹿馬鹿しいと思う反面、ひょっとしたら……と思っちゃいませんか?


偶然起こったと思っていることが実は時を経ると必然
   (因果)だったりすることはままある事です。
      自分の背中は見えないもの、慌てず焦らず、あなたの背を見る他人
         の声に耳を傾ければ、あなたの夢はきっと叶うことでしょう。



南海キャンディーズの山ちゃんは知識豊富とは聞いていたが、本当は努力家だったんですね。お嫁さんも、ある意味努力の賜物なんでしょう。

では、世間でよく耳にする、誰にでも好かれる人ってどんな人なんでしょうか?”,

    話の話題が身近で面白い人?
    知識が豊富でなんでも知っている人?
    いつも笑顔で恵比須顔の人?
    スタイルが良くて難関大卒の人?

いえ、いえ、そうではなく、きっと聞き上手な人だと思いますよ。—–“,


美容健康商品は、悔しい思いをしない為にも、先ずサンプルから





<今日の豆知識>


時代劇の顔役が吸ってる長いキセルは流行なの?!
映画やテレビの時代物で決まって登場するのが幡随院長兵衛などの顔役と、取り巻きの町奴(まちやっこ)の集団です。

江戸時代の一種の暴力団にあたる集団なんだが、彼らは加賀爪甲斐守や水野十郎左衛門と言った武士が作った旗本奴に対抗して、いつも喧嘩(けんか)や刃傷沙汰(にんじょうざた)を起こしていました。

これらのいきさつは、映画やドラマで数多くつくられているので説明はいらないでしょう。

幕府は、江戸の治安を守るため、正保元年
(1644年)に町奴が長い刀や脇差を腰に差
して歩くのを禁止しました。

これに困ったのは町奴たちです。喧嘩や刃傷沙汰は武器がなくてはどうにもならない。
そこで目につけたのが煙管(きせる)でした。

煙管は総鉄製、長さは40~50センチもあるものを作らせ、羅宇(らう)と呼ばれる管の部分を六角形にしたり、羅宇全体にイボをつけたりして、いかにも不気味な、喧嘩煙管に仕上げています。

後に、この喧嘩煙管が幕府に禁止されると、今度は竹の尺八を腰に差して歩いたそうですが・・・・、懐中には、やはり小型の鉄煙管を忍ばせて護身用にしていたそうですよ。

今も、これらのいくつかが残っているそうです。

この、喧嘩煙管は、この時代より三十年くらい前の慶長時代にも、一度流行していて、当時のものが山形県で発見されているという

 


広告表示で現金、クリックで現金、売れたら現金、掲載は簡単