心安らかな日々は来るのか!?


遠き昭和の仲良し小道遠き昭和の想いで廻廊!遠き昭和が懐かしい

<今の開運方位は東>



幸福になる木をお譲りします!

街を歩いていて、偶然こんな看板を目にしたら・・・?
もし、偶然入ったお店が bar「魔の巣」で、笑ゥせぇるすまんの喪黒 福造(もぐろ ふくぞう)に名刺を渡されたら・・・?

さて、あなたならどうしますか~?

 こういう時って、馬鹿馬鹿しいと思う反面、ひょっとしたら……と思っちゃいませんか?


偶然起こったと思っていることが実は時を経ると必然
   (因果)だったりすることはままある事です、自分の背中は見えないもの
       慌てず焦らず、あなたを見ている他人の声に耳を傾ければ、あなた
           の夢はきっと叶うことでしょう。

怒りのない心安らかな日々は来るのか!?

貴方もそうした毎日を望んでいるではないですか。
けれど、なかなかうまくいきません。

  ◎ちょっとした事で切れる短気な人、
  ◎何でも自分のペースで、仲間意識のない人、
  ◎仲間との歩調を乱しても何とも思わない人、等々
こんな自分勝手な人達に悩まされてしまうかも知れません。

 


美容健康商品は、悔しい思いをしない為にも、先ずサンプルから




<今日の豆知識>


あま~い、ハネムーンの由来は?!

昔から、健康にとっても良い飲み物として蜂蜜酒を作る習慣があったらしい。

Doctor Samuel Johnson ?1772 Sir Joshua Reynolds 1723-1792 Purchased 1871 http://www.tate.org.uk/art/work/N00887


そして、古代ゲルマン人の間では、将来生まれるであろう子供の為に、新婚一か月間は蜂蜜酒を飲んでスタミナを蓄える習慣が出来たそうな。この蜂蜜を飲む一か月間がハネムーンの由来だという

今では、ハネムーンは、これから送るであろう甘い生活を想像して、文字どおり蜜月の意味にとられているようだ、確かにハネムーンには優しさと、悦楽以外に何もないのかも。
しかし、その由来は、単に甘くバラ色の二人の世界という事ではないのは前述のとおりである。

また、オックスフォード事典には、「ハネムーンのムーンには天体の月であり、蜜の甘さもひと時、次第に夫婦の愛情は欠けていく、それを月に例えた言葉である」という皮肉たっぷりの解釈である。編集にあたった担当者の夫婦生活が透けて見えてるようだ。ちなみに、結婚後の最初の一か月と定義づけたのはサミュエル・ジョンソンである。

 


広告表示で現金、クリックで現金、売れたら現金、掲載は簡単