才能なしにはわからん才能の悩み?



幸福になる木!

をお分けいたします!
        街を歩いていて、偶然こんな看板を目にしたら・・・?

bar「魔の巣」で、笑ゥせぇるすまんに、
「心の隙間埋めますよ」って誘われたら・・・?

さ~て、あなたならどうしますか~?



こういうものって、馬鹿馬鹿しいと思う反面、ひょっとしたら……と思っちゃいませんか?手の届く範疇なら「騙されて
みるか!」・・・・お酒が入っていれば尚更でしょう。    


       偶然起こったと思っていることが実は時を経ると必然(因果)だったりす
ることはままある事です。              

自分の背中は自分では見えないもの、慌てず焦らず、
あなたの背を知る他人の声に耳を傾ければ、
あなたの夢はきっと叶うことでしょう

遠き昭和は仲良し小道 遠き昭和の想いで廻廊! 遠き昭和が懐かしい

<明日の開運方位は南東>


イライラしているあなた! ・・・・・・!? そう、あなたです、私?・・・私、開運案内人ですけど~??


下のリンクをクリックしてください。


    *今回の共通判定です。開運方位は玄関から出て南東です。

 


美容健康商品は、悔しい思いをしない為にも、先ずサンプルから





<今日の豆知識>


幸せの「青い鳥」とは、どんな鳥?!


メーテルの戯曲「青い鳥」は、皆さんご存知の通り、チルチルとミチルが、幸せをもたらすという「青い鳥」を探して各地を旅しますが、ついに発見することが出来ませんでした、諦めて家に戻って、家にあった鳥かごに、探し求めた青い鳥をみつける。・・というお話です。
このストーリーは我が国でもおなじみですが、この「青い鳥」とは一体どんな鳥なんでしょうか?


メーテルリンクの原文(フランス語)では、この鳥は、tour terelle と鳴っており、仏和辞典の訳ではキジバト、日本語訳の本でも、たいていはハト又はキジバトとなっているそうです。


しかし、キジバトは、おもにアジアに分布する種ですので、ここは一般のハトを想像した方が広がりが出ます。
ハトは大変種類の多い鳥で、ハト目の中に約300種類ほどいるそうです。


普通に私たちがハトと呼んでいるのは、ドバト、またはその原種のカワラバトだそうです。ちなみに伝書鳩もドバトを改良したものらしい。


・・・・・・ちなみに、「青い鳥」の作者メーテルリンク(1862-1949)はベルギーの人で、後にパリに定住して多くの詩や戯曲を書きました。1911年にはノーベル賞を受賞しています。

 


広告表示で現金、クリックで現金、売れたら現金、掲載は簡単