開運の扉

が投稿

量子もつれで、今の人生脱却しよう!

2億5千年前の微生物が生きていた永遠の命

<3択 運だめしに行く>

最初に仮設ありきで、宇宙に存在する銀河は 果てしなく続いており、数千億光年先も同様であるだろうと想像するしかありません。

そうであるならば、 初期に近い宇宙や後期の宇宙などがあって然るべきだと思うんだが、何処も同じなんです。数千億年もの広がりを持つ宇宙の全域で、なぜ同時に同じことが発生しているのか・・・・???

もし宇宙の何もない A という場所で、何かが生まれて、恒星から多元素の物質になり、物質は更に 惑星や恒星や銀河へと生まれ変わった、とすれば、
    それが B の場所に運ばれ、
      次に C の場所へ、と伝わっていくのだろうと誰もが想像できます。

そうならば、 この、A・B・C に於いては 初期・中期・後期などの時間的な経緯の違いが観測されて然るべきだと考える

でも、そのようにはなっていないのです。いずれも同じ姿の・・・同時代の同時間のものに見えるんです。

私たちに考えられる事は、1000億光年、2000億光年くらいのの距離であれば何か違いが見えるのかも知れませんが、私たちが観測できる距離(例えば130億光年)では距離的に短かすぎて違いが現れないのかもしれません。

私たちの身近に置き換えると、子供の徒競走(50m走や100m走)を1m走で計った場合、距離が短すぎ、2~3歩の距離ではほとんど差がないのと同じことかも・・・・・??そんな気がします。

そのように想像すると、銀河が成長する最初の、極々以前の陽子と電子の誕生の情報はどのようにして数千億光年の距離を、たいした時間もかけずに伝わっていったのか、大変不思議に思えてなりません。


今過ぎた過去の運だめしです、自由にお入りください。



    あなた自身が、あなたの運勢を選ぶ!
              開運の扉の入口です
            

center


ここで、興味深いひとつの事象をご紹介しましょう。

ニールス・ボーアのエンタングルメントと言われる 電子が持つ事象です。 それによりますと「ペアにした粒子は共通の性格を保持する」 といいます。

このペアの片方の粒子を取り出して、遠く離れた場所に隔離します。 そして、元の粒子に違う状況を与えると、何もしていない遠く離れた場所の粒子も、揃って同じ状況行動を見せるそうです。

また、この粒子は、観測すると挙動が変わるんです。
誰も見ていない所だと「波」としてふるまっていたのに、我々が見ちゃうと、粒子は「見られた!」ことを認識して、とたんに「粒」として振る舞うんです。


次の有名な実験を見てください。

  二重スリット実験

二重スリット実験の動画はどうでしたか?

ここでの量子テレポーテーションはEPRペアという量子もつれの関係にある2つの粒子の間に起こる現象です。
テレポーテーションという名前ではあるものの、粒子が空間の別の場所に瞬間移動するわけではなく、粒子もつれの関係にある2つの量子のうち一方の状態を観測すると瞬時にもう一方の状態が確定的に判明することからこのような名前がついた。また、この際に粒子間で情報の伝達や物理的作用は起こっていない。

東京大学国際高等研究所WEBより引用::量子力学の世界では、物理的状態を分解して理解することができないことがある。遠く離れた2つの粒子に関して、一方の粒子についての観測が、もう一方の粒子の観測結果に影響を与えることがある。これを量子もつれと呼ぶ。 物質が大きくなると粒子の数も多くなり、粒子一つ一つの量子的曖昧さは消えて、それぞれは物として個別の行動をするようになるそうです。
(※)わかりやすい説明は「 エンタングルメントの動画 」で確認ください
(※)エンタングルメントは「 量子もつれ 」と和訳されています…ウィキでの説明

自分を変えたいと願ってる人は、この量子力学の「量子もつれ」の構造が根拠になって構成されています。

尚、ここの占いで、愛情関係の判定を望む人は残念ですね。他の所の方が正確かもしれません。漠然とした全体像ならここで充分でしょう。双子のあなたと惑星、星座との関係を紐づけていないとあなたの持ってる運すらも引き寄せられなかも知れません。


  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA