限度を超える怒りをお持ちのあなた!

 遠き昭和の仲良し小道遠き昭和の想いで廻廊!遠き昭和が懐かしい

<今日の開運方位東>



幸福になる木をお譲りします!
街を歩いていて、偶然こんな看板を目にしたら・・・?

もし、偶然入ったお店が bar「魔の巣」で、笑ゥせぇるすまんの喪黒 福造(もぐろ ふくぞう)の名刺を渡されたら・・・?

さて、あなたならどうしますか~?

 こういう時って、馬鹿馬鹿しいと思う反面、ひょっとしたら……と思っちゃいませんか?
宝くじを買う時と似てるかも、どうせあたりゃぁしないよ・・・って言いながらひょっとすると2億・・・
なんて思ってんじゃないですか?



偶然起こったと思っていることが実は時を経ると必然
   (因果)だったりすることはままある事です。
      自分の背中は見えないもの、慌てず焦らず、あなたを見ている他人
         の声に耳を傾ければ、あなたの夢はきっと叶うことでしょう。


今、限度を越えようとしている怒りを持っているあなた!
あなたの、限界を超えた怒りは、心のダムの危険水位を越えて、溢れだしてしまいそうです。
しかし、あなたの理性は、乱れたところを人に見られる恥ずかしさを好みませんし、自分で見ることすら恥ずかしく思っています。
したがって、この怒りは、人目に触れる表に出る事もなく、心の狭間でくすぶり・・・・・・


美容健康商品は、悔しい思いをしない為にも、先ずサンプルから





<今日の豆知識>


引っ越すとなぜ蕎麦を配るの?!


名前も顔も知らない人間が、いきなりやってきて「引っ越してきました、どうかお近づきのしるしにこれを食べてください」というのは、なんとも乱暴な気がしますが、貰った方も「これはご丁寧にどうも」とすんなり受け取って、もしかしたら毒が入ってるかも知れない食べ物を平気で食べたというのだから・・・・!。

こうした風習は、もともと日本人がもっている共食信仰から発展したもので、他人に振舞ってもらった食物を共に食したという事で、共同体への仲間入りをみとめたのです

殺人事件や強奪などが頻発する現代社会では、とても考えられないような、強い相互信頼の人間関係が昔はあったという事なのか?
昔と言っても、引っ越して隣近所に蕎麦を配って歩いたのは、江戸も終わりの頃らしい。

ともかく、昔の人は現代人よりも隣近所の人間関係を大切に考えていたことは確かなようだ。
では、なぜ蕎麦なのか?って疑問がわく、それは、金を集めるからだ、と言われている。

昔は、蕎麦は、そばがきと言って餅のように粘りけがあったのです。この粘りけを利用して金を扱う職人は、飛び散った金を集めていたというのです。それで縁起がいい、という事で選ばれたそうな

こうした事から、「蕎麦はお金を集める縁起物」、また、蕎麦の姿や語呂合わせにひっかけて「細く長く、あなたのおそばにおいてお付き合いください」とか「円(縁)をつなぐ」などの意味が付け加えられていったものだそうだ。

 


広告表示で現金、クリックで現金、売れたら現金、掲載は簡単