女々しさからの脱却

<今日の開運判定は>

女々しさからの脱却で開運

ここんとこ私に再度水難?が出ていたんだが、関連が見つからなかった。

基本的には水回りだと、キッチン、浴槽、トイレ、などで、水に・・・・だと、プール、海、河川、ダムなどであろう、広がって釣り、ボート、なのだがよくわからない。水が出ている人は、おそらく注意の方だと思うので心当たりのある人は慎重に対応してくださいね。

もう一つ、人に対して、はっきりものが言えない人(俗にいうウジウジ、女々しい人)は、一つ一つの動作、行動をスピードアップしてみると良いらしい。
ただ、本人が神経質でデリケートなんだと勘違いしているきらいがある。間違いではなく持ち合わせてはいるんだが、本来の神経質やデリケートな性格の慎重さは持ち合わせてないのである、よって、女々しい
しかし訓練によって切れ切れの女々しさは繋がってしっかりしてくる。基本的に、争いをきらい、人を思いやる気持ちを持ち合わせているので、人から好かれ可愛がられると思います。それには、行動のスピードアップを

直接的に絡んだ水関係

〇マンションで浴室横に置いてあった洗濯機の浴室内への排水漏れ
〇おやじが酔って交換したばかりの便器を壊してタンクを交換
〇トイレが流れないとSOS、違うだろ~ でも訪問
〇巨人軍の原監督の実家、結局判明するまでおよそ一日かかった
〇使っていない2階の排水管をふさいでなく、ネズミの出入り口に
〇屋根から雪が落ちて車の屋根直撃?
〇増築部分の雨水の不完全な処理で漏水

等など、きりがない。

尚、物事にあたっては、人の優しさに感謝を忘れないようにしましょう。

 
 
美容健康商品は、悔しい思いをしない為にも、先ずサンプルから


<今日の豆知識>

人は何歳まで生きられるのか?

人間が最高何歳まで生きられるのかと言う、限界寿命を示すものとして、セイシャ―の実験法則というのがある。詳しい計算式は脳の重さと体重を指数で処理するんだが、結果が出ているのでそちらを覗いて見よう。

アメリカの生物学者カトラーは、この法則を使って、人間の限界寿命の変遷を発表している。

まず、300万年前に現れたアウストラロピテクスは、体重30キロ、脳の容積は450立方センチで現代人の三分の一以下。重さも現代人の三分の一としてセイシャ―の公式に当てはめて計算してみると、限界寿命は五十一歳。

北京原人は、53キロ、1000立方センチで限界寿命はマッコウクジラ並みの七十八歳。

これが、四万五千年前の後期ネアンデルタール人になると、63.5キロ、千三百六十立方センチ、九十一歳と現代人と同じになった。

しかし、実際の限界寿命となると、現代人は百歳を超える事は確かだが、正確には知りようがない。多くの研究者は百二十歳ぐらいかなとみているのだが、科学の進歩とともに平均年齢はまだまだ伸びるのかも知れない。

おやじ達に聞いてみればわかるのかも知れないが、会話が出来るわけではなく、占い判定と同じでパーツしか出てこなく、その重さ、もろさ、関連、優先、持続、継続、方位、惑星の位置などで組み合わせていって、文章にするので、俗にいう当たるも八卦的な所は、ままあるので慎重になる、にしては、おやじ達の情報量は少なすぎる。


広告表示で現金、クリックで現金、売れたら現金、掲載は簡単