午後の回想:ジイが食あたり?!

呼んでるぜ呼んでるぜ・・・・食あたり?
この日は、孫たちとおもちゃを見に行った。何がほしいのか?本人たちにもわかっていない・・・と嫁は言うので、私たちが勝手に買って、プレゼントとして渡してもいいんだが、流行りにうといので、孫が喜ぶ商品に当たるかどうか?
 

という訳でみんなでおもちゃを買いに行ったのである。
陳列台の前で、孫が指さしたおもちゃを手にして値札をみたら、同じに思えるおもちゃが別の棚に安く陳列されていた。
 

これと同じだから、これでいいじゃん、ウッ!ダメなの?

 
孫はさっきの玩具を指さしている。
 
あれとおんなじじゃん?何が違うの?

 
孫は私の話など聞いちゃーいない、一商品だけ指さし、こっちの顔を見ては玩具に目を移す。
 

 
作る方も心得たもので、おんなじ動きの機械仕掛けに、カバーされてる物を替えただけなのに、一方は親の懐を考えた値札で、一方は、親の晩酌の一品を削らざるを得ない値札が付いている。
 
何か違うの?おんなじじゃん! と、しつこく聞くと最後には口がへの字になってしまい、おもちゃを買ってもらえる楽しみにを台無しにてしまいそうなので諦める。
 
こうなると、
 
わかった、わかった、これがいいんだね!これにしよう

 
p555
と、孫の術中にはまってしまう。孫は、こうして欲しいものを手に入れる手法を又一つ学んだのであろう。

同時に、似て非なる物の判断よりも、大人の”せこさ”を学習するのであろう。

 
 
ほしい商品を手にすると、今度は商品を両手で持って、そそくさとレジの方へ歩いていく。
 
ハっちゃん、お金を払うから頂戴!

 
あそびでお買い物ごっこで覚えたらしく、自分でレジに持っていきたがる、と嫁が教えてくれた
 



 
レジのカラーロープ柵に並ぶ。
ハルは、さっさとレジに行こうとする。まちなさい、順番だからこっち来なさい。〇希が捕まえてくれて、キョトーンとしているハルを連れてくる。
 
次の客が呼ばれた。私たちの前の客がレジに行き、柵の一番前に来た。
客が玩具をレジに置くのをみると、はるがレジに商品を乗せようと隙間をうろうろ。
すぐに捕まえる。
本人は、あそこへ持っていかなければ、玩具が手に入らない事を知っているから、遅れをとらないように、早く出したくてしょうがないようだ。
 



 
いっちゃあ悪いが、このレジが遅いんだ、ほんと!
ほどなく2名ほど応援が駆けつけて、隣のレジも開けてくれた
 
やっと番が来た、はる君いいよ、っと背中を押す、〇希がサッとレジにだす。続いてはる君が背伸びしてレジに出す。包み終えると、玩具をはる君に渡してくれた。
 
はる君は玩具を手にすると、さっさと母親の元へ。私たちはレジの支払いを済ませた、6500円で予算より3500円も安く済んだ。
 
コインの引換券を貰ったので、ゲーム機のコーナーに行く。
ハルを見てると面白い、人の動作を見てまねている、貪欲に色んな事を吸収している様子がよくわかる。
 
 
程よく遊んだところで、マックで軽食を取る事にした。私は、ピリ辛の鳥から2個215円にした。
 

 
これが効いたのか、孫達と別れ駐車場に向かっていたら、催してきた。女房は、骨密度を測ってもらうんだと2階入口側の催し場へ、私はトイレへ、ここは運よく、すんなりお出ましくださったので、後は、一階で買い物を済ませ自宅へ戻る。
 
 

ここから気分が悪くなって横になる。いつまで経っても直らない、と言うか、だんだん激しくなってきている。
単に、食べあわせが悪いと、いつもならば、数時間(消化時間)が過ぎれば落ち着いてくるのだが、午後からずっとである。
 
どうしたの?
 
  
ご飯いらないよ!気分悪くて吐きそうだよ!

 
―あんなピリ辛の揚げもんなんか食べるからだよ!昼のから揚げしか食べてないんだから、軽く何か入れる?
それとも時間(消化時間)待つか?ったって食ってなくて6時間から経ってんだもんねぇ!とりあえず横になるから、ら食べるとき言って!
 
この後2回吐いた。ベッドのそばに洗面器と濡れタオルを置いて横になった。
 
3度の食事は負担のかからない程度に軽~く食べたが胃液があがってくるのがわかる。いつ、ゲホッっと来るやも・・と思う。

 
わたしは市販の胃薬を飲んで気休めをしているだけ、これ以上ひどくなったら病院へ行こうと思う。
 

椅子で一服しながら、今年のクリスマスはゲームのダウンロードで終了なのかな?・・・と寂しさをおぼえる。
昨年までのイオンでのクリスマスプレゼント購入は、過去の思い出話になってしまうのか・・・・・

こ投稿は3年くらい前のクリスマスプレゼントの時の思い出である