大腸内視鏡-大腸検査

大腸内視鏡検査だ!

毎年、市から送られてくる、高齢者向の検診の検便検査で2回とも陽性反応でひっかかったのである。

医師
――2回とも陽性がでたね、検査したほうがいいよ

――痔だから大丈夫ですよ

――痔の下に隠れていたらどうするの? もし痔だったら痔と言う事で安心できるじゃない

――まあ~そりゃあそうだけどね・・

――今から予約入れるから、いつでもいいんだったよね?それとも、希望がある?

――いや~ いつでもいいですよ

とその場で、肛門から管を入れる大腸内視鏡検査の予約を入れられてしまった。

そして、結果発表⇒おめでとう入院手術で~す!

S字結腸のところに3つほど大きなポリープが見つかりましたから、良性でも、ほっておくといずれ癌化するとの事で、4日間の入院でポリープを切除することになった。

検査の時に、せっかく大腸を洗浄したんだから、一緒に取ってくれれば良かったのに?と、素人は思ってしまう。

まあ、入院要綱の書類をみると 穿孔などの不慮の事故に対する承諾書も必要なので、患者の承諾もなく簡単に取るわけにも行かないんだろう。

また、あの洗浄をおこなうのかと思うと気が重い。私の移動を手伝ってくれたパートさんも同じことを言っていた。

ここまで来たら、今更止めますって訳にもいかないだろうから、諦めて、仕方なく、入院の心得を読んで準備品を揃える。

ブロトピ:元気ですか~! 病気・入院・手術などの体験談や前兆、予兆、症状など

今日の元気の灯