迷惑?な寝返りは体に良いのか?



ドサッ! バタッ! 
・・・なんだなんだ?

「寝返りか~、危ないな、この野郎って足を思いっきりけっとばす。」

「&$%#$%&ワー!」

「なんだなんだ、今度は寝言か?

「#%$&%」
「ふーん、それからどうしたの?」
「&%$%$%&%」
「ヘぇー大変だったねー、もう寝なさい」

・・・そのうち怪我しそうで怖いなぁー・・・

こんな経験ないですか? 私は寝言の張本人ですから覚えてはいないんです。
あんた昨日、こうこうした夢を見たでしょう
そうそう・・・・・・よく知ってんじゃん


こんないきさつがあって、40年近く一緒に寝ていたベッドを止め、女房は24㎡の1階、私は10㎡弱の2階の幽閉部屋へと別々の部屋にしたのである。

初めはパイプのシングルベッドにマットをのっけ
て寝ていたんだが、どうも悪い夢を見ていた様で、
今でも記憶にあるのは、何かに追いかけられてい
て、逃げてる道路の下にスペースを見つけて、そ
こにジャンプして潜り込んだところで目がさめた。

 私は、パイプベッドの下の空間に上半身がすっ
ぽりと収まっていました。

こういうことか、やっと女房の怖がる私の睡眠世界
の行動が理解できた瞬間である。

そして、夢を見ていなくても、ドサッ! ドサッ!と落ちる事が多くなった。
  夜中に何度もベッドから落ちるのはベッドが原因だ、ということで、
    幅の広い1200×2000のスプリングベッドに変えた。

 

今度は寝返りのたびに目が覚める、これは敷いている低反発マットに体が沈ん
 で、スムースな寝返りがうてないため、ということで、低反発マットを交換。
   固くなった分寝返りがスムースなのかも・・・?

 
ストレスや不規則な食生活で胃がしくしくするときがあるが、これは寝返りで良くなるって話が以前から知られている。
 
     そうだとすれば私の寝返りも役に立っていることになる。
 
眠っている間は、どうしても体動が減るのは仕方がない。
上側になった胃壁は血液不足になる。そして、潰瘍が痛み出し、大きくなったりするらしい。
 
この原理から言っても、寝返りに小言を言う前に、寝返ったら、体動によって胃壁に血液が回っていると思えば寝返り大歓迎
寝返りによって潰瘍もおとなしくなればこれも幸いであろう。
 



 
考えてみると、胃潰瘍は不思議な病気ということができるのではないだろうか?
胃はなんでも消化します。なかでも、タンパク質の消化は十八番です。

食べ物胃の壁
同じ蛋白質でありながら、食物は消化されドロドロに、胃の壁は消化されずに頑張っている。

答えは、胃の壁をカバーするようにはりめぐらされた粘液が強力な胃液との間にはさまって、胃の壁をカバーしている。
結果、胃自体が消化されずにすんでいるのだそうです。

最後に、胃が悪い時は、何度も寝返りを打った方がいい・・ということ。