水素の缶詰化工場計画!

 
 
水素の缶詰めは如がかな?
 

水素が次世代のエネルギーとして大きく注目を浴びたのは、2002年のトヨタ、ホンダのリース販売がきっかけだろう。
現在は電気自動車が先行していることは間違いない。しかし、ここで、どちらが優れているとかいう議論をおこなうつもりは毛頭ない。
 

 
水素エネルギーの利点とは
水素ならではの利点は何か。それは、「再生可能エネルギーの有効利用」に大きく貢献するという点である。まず、水素は「再生可能エネルギーの長距離輸送」を可能にする。風況や日射の優れた地域において風力発電や太陽光(または太陽熱)発電によって生み出された電力を日本で利用するための有効な手段としては、大陸から送電網を整備することも考えられるが、送電網が整備できない距離の場合は、その電力を用いて水素を製造し輸送するかしかない。また、電力の貯蔵には蓄電池か水素の選択肢があるが、「長期間貯蔵」となると水素の選択肢が有望である。
 
このようなことから、水素エネルギーは近い将来、「再生可能エネルギーの有効利用」の現実的な手段の一つとして検討されると考えられる。さらに、化石燃料の資源量や価格、気候変動への対応、競合となる蓄電池や送電の技術革新や、水素エネルギーそのものの技術や社会受容性など、条件次第ではあるが、水素エネルギーの社会における位置付けはますます重要となってくる。<みずほ情報総研
 

 
水素需要拡大の切り札は、発電利用にあり
 水素の需要を大きく増加させる用途として期待されているのが、発電分野での利用だ。水素基本戦略の中では、現状、開発段階にある水素発電の技術を、2030年までに商用段階へ引き上げ、発電コスト17円/kWh(キロワット時)の実現を目指方針を掲げた。将来的には環境価値も含め、既存のLNG火力発電と同等の、13〜14円/kWh前後の発電コストを目指していく。
 
 2030年以降、調達量が増えることが見込まれるCO2フリーな水素は、こうした発電分野の他、工場などの産業分野での活用も模索する。スマートジャパン
 

 
上記のような動きのある代替え水素エネルギーであるが、水素は常温で気体だから、そのままでは扱いにくい、では、液体にすればいいと考えそうだが、液体状にするには絶対零度(水素の融点はマイナス259.14度)近くにまで温度を下げなければならない。
これでは、持ち運びにも貯蔵にも不便だ。
 
そこで、水素を大量に金属に吸わせて、水素の貯蔵、運搬を便利にすればいい。
 
まず、チタン、鉄、ニッケル、マグネシウムなどの合金を粉末状にして水素ガスに触れさせると熱を出して水素と化合する
 
これを熱すると再び金属から水素が分離して出てくる、この魔法のような性質を利用しない手はない。
ただ、金属と言っても鉄などを使うと重くてしょうがないので、マグネシウムとニッケルの合金を使うと軽くて持ち運びにも便利であろう。
 
ところで、この金属と水素の化合物をそのまま使っても動力源になる。
まず金属水素化合物を入れた二つの容器をパイプでつなぎ、片方のパイプを熱すれば水素ガスが発生するから、その間にピストンを設置しておけば、水素ガスの圧力でピストンが動くという寸法。