卵のコレステロール対策 ゆで卵に???


二十四節気の雨水(うすい)に突入。
 

二十四節気で雨水と言えば、雪が雨に変わり、草木が芽吹き始める時季。なんだが、日本列島は不機嫌な状態が続いている。
 
我が家の食卓も野菜がちっとも安くならないので、サラダの量が微妙に少ない気がする。
その分、卵のパックが冷蔵庫を陣取ってる。どう関係するのかは良く解らない。

 



 
私は、おでんも最近は卵を食べないので、
「ゆで卵、よく食べてたのにどうしたの?」なんて言われている。
 
なんだろう、黄身が口の中の水分を吸っちゃって、口の中がパサパサすんのが嫌なんだけどと思う。
 
 
 
結局、卵は孫のメニュー中心らしい。
 
 
オムレツ
卵チャーハン
かに玉
だし巻き卵
半熟卵
茶碗蒸し
卵スープ

 

 



いくらでも出てくるな
 
ハンバーグに目玉焼き
納豆に生卵
すき焼きに生卵

 
 
何かもう一品食卓にほしい時の味方、と評されているようだ。
 
 
こんなに手軽な卵料理だが、やっぱり気になるのは、高カロリー高コレステロールではないだろうか。
 
孫たちの成長には欠かせない栄養源なんだろうが、大人や老人にとっては食べ過ぎに注意とある。
 
卵はコレステロール物質が多い食品、食べ過ぎれば高コレステロール血症なってもおかしくないのである
この高コレステロール、どう対処すればいいのか。
 
 
 
あったんです、実はカテキンなんです

 



 
これには、
 
 
抗酸化作用、
殺菌作用
抗ガン作用

抗コレステロール作用
 
等があります。
 
また、腸管からの脂肪吸収を抑制するそうなので、血液中のコレステロール値が下がると言う事らしい。
 
 
もう、お解りですよね! そうです、卵のコレステロール対策はお茶なんです。
 

お茶と一緒に組み合わせると

高コレステロール血症どころか、
低コレステロールや
中性脂肪も低下おまけに
 
善玉コレステロールだけは増加するという、うれしいオマケ付きなんですって。